Outline
SHARPから発売された4Kテレビ『4K対応AQUOS UD1』。その魅力を、より多くのユーザーに伝えるためのデジタルプロモーション施策を企画・制作しました。

4K映像の特長である、「まるでその場にいるような、リアリティや臨場感」を伝えるため、世界初の360°立体映像技術「Cuvie」を採用し、Web上から圧倒的な臨場感を体験できるバーチャルライブを実施。

ステージの周囲360°に、32台のカメラを設置。1つ1つのカメラで撮影した映像を4K映像内に配列し、360°映像の素材を生成。マウスもしくはWEBカメラによる動態検知でのPC操作によって、映像素材のトリミングを変え、まるで自分がライブ会場にいるかのような立体映像を実現。

UD1が持つ「リアリティと臨場感」を表現しました。

Other Works

Back to Top