ボランチが主導となって推進してきたプロジェクトをご紹介いたします。ボランチでは、所属や業界、肩書を超えて、様々なパートナーとコラボレーションすることで、これからも新たな価値創造を行ってまいります。
北海道再開拓プロジェクト
Re: TONDEN PROJECT
株式会社ボランチと株式会社Nadiaという、2つのクリエイティブカンパニーに所属する北海道出身のクリエイターたちによる、クリエイティブの力で北海道の魅力を「再開拓」するプロジェクトそれが「Re: TONDEN PROJECT」です。

両社がこれまで携わってきた、国内外の大小様々な企業や行政機関などのプロモーション&ブランディング活動を通じて得た知見やアイデアを活用することで、今再び、北海道の魅力を広く伝え、その価値を“再開拓”することを目的に発足。

『Re: TONDEN PROJECT』というプロジェクト名は、その名の通り、耕地を開墾することを指す「屯⽥」が由来となっています。

明治時代に、⽇本中の様々な地から、⾼い志とともに北海道へ移住し、開拓していった先⼈たちへの感謝と尊敬の意を⽰すと共に、今⼀度、同じ志を持った仲間と共に、北海道の魅⼒を「再開拓」するという意味を込めて、『Re: TONDEN PROJECT』と命名いたしました。

未だ伝わりきっていない北海道の価値を、クリエイティブの力によってより魅力的に、より効果的に伝えていくことで、国内外のより多くの人に再認識してもらうこと。それが当プロジェクトが目指すゴールです。
エキスパート・コレクティブ
ファンタジスタ
クリエイティブ、スタートアップ、HR、PR、教育、地域創生、フェムテックなど、会社や業界の枠組みを超えた様々な専門家を集め、日本、そして社会全体が抱える様々な問題に光を当て、その課題解決を行うエキスパート・コレクティブ、それが「ファンタジスタ」です。

当プロジェクトは、松重の呼びかけにより、クリエイティブディレクター、アートディレクター、プロデューサーといったクリエイターをはじめ、HRパーソンやPRパーソン、スタートアップエンジニア、弁護士、大学講師など、会社、そして業界の枠組みを超えた総勢20名以上のエキスパートが集まり、繋がることで、業界内だけでは解決できなかった課題を解決し、日本中に新たなイノベーションの風を巻き起こすことを目的に実現したものです。

「クリエイティブ×HR」「スタートアップ×地域創生」「教育×性」など、参画メンバーの得意分野をかけ合わせることで、企業や自治体が抱えている様々な課題に対して包括的なソリューションを提供してまいります。

東京どさんこコミュニティ
リトルホッカイドウ
「リトルホッカイドウ」
それは、北海道と東京をつなぐコミュニティ。
在京の北海道民、そして北海道を愛するすべての人が
ひとつにつながれるコミュニティをつくりたい。
そして、地元に帰りたくても帰れない、
北海道に行きたくても行けない人たちが、
東京にいながら、北海道にいる気分になれる。
東京にいながら、北海道を応援することができる。
そんなコミュニティをつくりたい。
そんな想いから、この「リトルホッカイドウ」は生まれました。
Facebookグループ上での北海道に関する
情報のストック、交換をベースとしつつ、
定期的に北海道を楽しめるイベントを東京で開催。
また東京に進出したいと思っている北海道企業の支援や
オンラインセレクトショップなども行っていきます。
各プロジェクトについてのお問い合わせ、
取材のお申し込みなどは、こちらからお願いいたします。
Back to Top