Outline
「ひとりで勝てる人なんて、ひとりもいない。」をテーマに、選手をサポートする側の人々を可視化。実際に戦う選手達の背後には、その活躍を支える大勢の人々がいる。サポートする側の奮闘ぶりをわかりやすく表現するため、部活の女子マネージャーを主役とした映像を制作。

「単に支えるだけではなく、相手に同化するくらい真剣に考える」という、亜細亜大学が考える「真のホスピタリティのありかた」を、日頃は裏方的な存在の彼女達が選手と一心同体で戦うダイナミックな映像で表現。撮影総テイク数は約400、泥まみれになりながらも懸命に選手についていく女子マネージャー達の熱気が伝わる映像となっています。

多くのニュースサイトやブログで取り上げられ、SNS上でも多数のコメントが投稿されるなど話題に。高校生を中心に再生回数は90万回以上を突破。また、大学で開催されたオープンキャンパスでは、来場者数が昨年度に比べ150%増加。ターゲットである多くの高校生から支持されるムービーとなりました。

Other Works

Back to Top