Outline
世界トップクラスのシェアを誇るモビリティシステムサプライヤーであるデンソー。同社が目指す「ウェルビーイングな移動体験」が人々の暮らしの中に実装された様子を表現したブランドビジュアルの企画・制作を担当いたしました。
「ひと、社会、地球」が持続的に、心身ともに健やかで、快適で、幸せであるために、デンソーが実現する「電動化 / 自動運転 / コネクテッド / 安全 / 環境」といった様々な技術が、人々の生活の中に溶け込んだ様子をビジュアルで表現。
ロケは全篇オーストラリアで実施し、古き良き街並みと広大な自然を舞台とすることで、リアリティと先進性のバランスを両立。デンソーが考える「これからの”移動”にできること」を、よりリアルに感じられるようなビジュアルを目指しました。

Credit
Creative Director: 松重 宏和
Art Director: 立石 拓
Planner: 瀧本 良夫
Account Executive: 各務 竜介
Account Director: 二之形 昌弘
Executive Producer: 加藤 久哉
Producer: 渡邉 正臣
Project Manager: 麓 香緒里
Photographer: 髙梨 遼平
Photographer Assistant: 小山 和淳
Retoucher: 工藤 美樹
Coordinator: Jeremy Brown
Cast: Toks James
Cast: Willow James
Cast: Nikki Davis
Cast: Ryan Faherty
Cast: Lin Xie

Agency: デルフィス
Creative Agency: ワントゥーテン、ボランチ 
Production Company: AOI Pro. こびとのくつ
Client: DENSO
Back to Top